敦煌 莫高窟その22020/02/08 15:02

莫高窟
莫高窟 チケット

莫高窟 チケット

見学年月日一覧
      2007年 9月20日  半日           10窟  
      2019年11月22日  一日    14窟
      2019年11月23日  一日    16窟
      2019年11月24日  一日弱   12窟
      2019年11月26日  半日      4窟

見学した石窟を開鑿開始年代別

  北涼(420年~)   275窟
  北魏(439年~)   246窟、254窟、257窟、259窟
  西魏(535年~)   249窟
  北周(557年~)   296窟、428窟
  隋 (581年~)   292窟、311窟、314窟、390窟、397窟
           407窟、419窟、420窟、427窟
  初唐(618年~)    57窟、 71窟、 96窟、220窟、321窟
           323窟、332窟、334窟、335窟
  盛唐(712年~)    23窟、 44窟、 45窟、 79窟、130窟
           148窟、172窟、217窟、320窟、328窟
           329窟、331窟、340窟、384窟、386窟
  中唐(781年~)   158窟
  晩唐(848年~)    16窟、 17窟、 94窟、156窟
  五代(907年~)    61窟
  宋 (960年~)    55窟
  西夏(1038年~)   409窟
  元 (1271年~)    -
           
見学して気にとめたことを絵に描きました。

北涼第275窟 窟形式と彩色塑像
     最も初期の洞窟      
莫高窟 第275窟の石窟形式
         正面仏座 三角形の背もたれ
         左右壁面に3つの龕(闕形龕2、円拱龕1) 

北涼第275窟 彩色塑像と飛天
    弥勒菩薩交脚倚坐像  
莫高第275窟弥勒菩薩の横顔
         正面の顔と想像もつかない美しい横顔、長い髪
  
          ビリンジェリ本生中の飛天
莫高第275窟 飛天
         素朴な飛天

北魏第257窟 塑像と本生説話図
    半跏菩薩(弥勒菩薩)
莫高第257窟 半跏弥勒菩薩

    本生説話
     九色鹿本生
莫高第257窟 本生図 九色鹿本生


北魏第259窟 塑像
    釈迦仏と多宝仏の二仏並坐像
莫高第259窟 二仏並坐像(釈迦仏と多宝仏)

  (東壁下層龕)禅定仏
        敦煌のモナリザと称されている微笑みを浮かべる
莫高第259窟 敦煌のモナリザ(禅定仏)

西魏第249窟 窟形式、四坡画、天宮伎楽
    窟形式
     伏斗型方窟
莫高第249窟 伏斗式石窟
        天井伏斗型
        西壁に一龕を開き倚坐仏を置く
        四坡絵:阿修羅、風神、雷神、西王母、帝釈天、開明、飛天など描く
        北、南壁に天宮伎楽、千仏を描く

    西坡画
     阿修羅王
莫高第249窟 阿修羅王

    北坡画
     狩猟図
莫高第249窟 神々 風神と開明

    天宮伎楽
     法螺貝を吹く伎楽天
西魏第249窟 伎楽天

     南坡画と西坡画 開明と風神
莫高第249窟 風神と開明


北周第428窟 窟形式と本生説話と飛天
    窟形式
     中心柱窟      
莫高第428窟 中心柱形式
        天井の形は人字披
        中心柱の四方に龕を開け仏像を置く
        周囲の北、西、南壁には仏、供養菩薩、千仏、供養人を描く

   本生説話
    (東壁)サッタ太子本生
     捨身飼虎
莫高第428窟  サッタ太子本生

   裸体飛天
莫高第428窟 裸体飛天


北魏第254窟 本生説話
     シビ王本生 割肉貿鴿
莫高第254窟 シビ王本生
         (2007年9月)

隋第407窟 窟頂 藻井  
     三兎飛天
隋第407窟 窟頂 藻井 三兎飛天


隋第397窟 仏伝図 
  (龕頂)托胎霊夢 
      乗象入胎
隋第397窟 龕頂 乗象入胎


隋第419窟 彩色塑像(五尊像)
    一仏二弟子二菩薩
莫高第419窟 三尊像と力士像

    
隋第427窟 彩色塑像(三尊像と力士)
     (主室)一仏(現世仏)二菩薩
     (前室)力士像
隋第427窟 彩色塑像 三尊像と力士像
         前室の出現


初唐第57窟(美人窟) 仏画
     (南壁)樹下説法図
莫高第57窟 仏画 説法図


初唐第96窟(九層楼北大仏) 石胎泥塑
     弥勒倚座大仏
莫高第96窟 弥勒坐仏


初唐第220窟 経変図
   (南壁) 阿弥陀経変図
莫高第220窟 阿弥陀経変
         経変図の流行
   
   (東壁) 維摩詰経変 帝王図
莫高第220窟 維摩詰経変 帝王図


盛唐第172窟 経変図
  (南壁) 観無量寿経変
莫高第172窟 観無量寿経変

  (南壁) 観無量寿経変中右天空の飛天
莫高第172窟 観無量寿経変 飛天


盛唐第217窟 法華経変
     化城喩品
莫高第217窟 法華経変 化城喩品


盛唐第45窟 彩色塑像 七尊仏
 (西壁龕内)一仏二弟子二菩薩二力士
莫高第45窟 彩色塑像 七尊像
        七尊形式が成立、雅びな趣き
  (同) 菩薩像
莫高45窟 西壁龕内 菩薩
        インドの三曲法の取入れ

盛唐第130窟(南大仏) 石胎泥塑
     弥勒倚座像
莫高第130窟 南大仏弥勒倚坐像
         (2007年9月)

盛唐第148窟 涅槃経変
      涅槃窟
莫高第148窟 涅槃窟
         涅槃のテーマが流行

中唐第158窟 涅槃経変
      涅槃仏
莫高第158窟 涅槃仏
         大型の涅槃像(第148窟、第158窟)

      各王子挙哀図
莫高第158窟 涅槃経変 各国王子挙哀図

晩唐第16窟 窟形式
     中心仏壇窟
莫高第16窟 中心仏壇窟

晩唐第17窟 塑像と壁画 
    洪辯像と優婆夷
莫高第17窟 洪辯と優婆夷

五代第61窟 窟形式と回鶻供養像と散花飛天
   窟形式
     背屏式中心仏壇窟
莫高第61窟 背屏式中心仏壇窟


   供養像
   (東壁)回鶻女供養像(曹元忠の姉)
莫高第61窟 回鶻女供養者像
 

   (参考)
    五代楡林窟第16窟 供養像
     曹議金供養像
楡林第16窟 曹議金供養像

      散花飛天
莫高第61窟 散花飛天


宋第55窟 塑像 力士
  (壇上左下)力士像
莫高第55窟 力士像


西夏第409窟 供養像
 (東壁) 回鶻王供養像
莫高第409窟 回鶻王供養像
   

(現地説明者)
特別講義とディジタル化作業中の217窟の説明をして頂いた研究院のNIU先生
一日目の説明員のMENGさん
二日目~最終日まで 説明員のZHUさん

(参考図書)
世界文化遺産 敦煌石窟(中国旅游出版社)
敦煌壁画臨本選集(上海人民美術出版社)
敦煌飛天線描一百例(浙江古籍出版社)
敦煌 石窟知識辞典(甘粛人民美術出版社)

      中国 甘粛省 敦煌市 莫高窟(2007年9月、2019年11月)





敦煌 西千仏洞2020/01/10 23:18

敦煌 西千仏洞
敦煌市街より西方35キロ、党川の北岸170メートルの幅に19の石窟が残る
日が西に傾く頃にここに到着

このように砂利を積み重ねたようなもろい土砂の崖なのによく穴を穿って石窟を作ったものだと思う
敦煌 西千仏洞 地質

石窟入口
敦煌 西千仏洞

石窟は階段を上った高さに並ぶ
敦煌 西千仏洞

敦煌 西千仏洞
党河の流れと断崖が見える
敦煌 西千仏洞

石窟内部の説明は中国語で現地説明員、日本語通訳は現地ツアーガイドの許さん

中に入って観賞できた窟は第4-5窟、第9窟、第11窟、第18窟の4窟のみ

第4-5窟
敦煌 西千仏洞第5窟
       開削:隋時代
       前室説法図       
       前室天井に豊満な飛天が舞う
       主室正龕虎の絵を背にした仏坐像
       回鶻牡丹模様が描かれた主室天井
       密教曼荼羅(緑度母)
第9窟
敦煌 西千仏洞 第9窟
        開削:西魏時代
        1仏2弟子の塑像
        隋時代に描かれた未完の飛天
        唐代の壁画に如意元年(692年)の年号が記される
         (唐が武周と国号を改めた時代) 
第11窟
敦煌 西千仏洞第11窟
        開削:北魏時代
        民国政府修復の仏坐像
        説法図
第18窟
敦煌 西千仏洞第18窟
        開削:中唐・吐蕃占領時代
        観無量寿経変(唐代の建物、観音菩薩、勢至菩薩)
        薬師教変
        不空羂索観音
        正龕に七尊仏の台座のみ残る

西千仏洞を見た中で一番素晴らしかったと感じたのは第18窟の壁画でした


        中国 甘粛省 敦煌市  (2019年11月24日)



瓜州 楡林窟2020/01/09 21:35

2019年11月25日(月)快晴
楡林窟の石窟10窟を見る

楡林窟は甘粛省瓜州県の南山山谷中の楡林河東西両岸に開鑿された仏教石窟であります

外景

     東崖は上下二層に分かれる
楡林窟  東崖

        上層に20窟
楡林窟 東岸

楡林窟 東岸

        下層に10窟
楡林窟  東崖

     西崖は一層のみ11窟
楡林窟  西崖

        仏塔が入口に立つ第38窟
楡林窟 西崖 38窟

楡林窟 西岸


開鑿時代は唐代~清代であるという
見学できたのは東崖のみで合計10窟に入ることができました
現地説明員は若い女性で日本語がとても堪能でした


見学窟一覧
第5窟、第2窟、第25窟、第26窟、第21窟、第17窟、第16窟、第14窟
第13窟、第12窟

記憶に残る塑像、壁画など

涅槃仏像(第5窟)
 とても穏やかな美しい顔立ち
楡林第5窟 涅槃仏


三世佛像(第17窟)
 中心柱の三方の龕に鎮座した過去、現在、未来の三世佛像の造形と頭光、背光に描かれた
 模様と緑の色彩
楡林第17窟 中心柱南向龕 仏頭

曹議金と曹議金夫人の供養像(第16窟)
楡林第16窟 曹議金供養像

 ほぼ実寸大の供養像、香炉を持ち立つ曹議金の供養像、帽子や装束、宝刀や弓矢を持ち控
 える侍従たち。同じく香炉を持ち立つ夫人の供養像、桃型の冠や装束、頬に貼る花鈿、鏡
 や扇を持つ侍女たち。
弥勒経変図(第25窟)
 人間社会を描いた部分、農民一種七収図、老人入墓図、婚嫁図など
楡林第25窟 収穫図

 (第25窟)
観無量寿経変(第25窟)
 浄土世界の壮麗な宮殿、楼閣
 伎楽 人頭鳥身の共命鳥
 具体的な修行方法を描いた十六観図

水月観音(第2窟)
 シャボン玉のような透明な大輪の身光のなかで岩上に悠然自在に座る観音様
 一体は足元の水辺を見つめ、一体は欠けた月を仰ぎ見る
楡林第2窟 水月観音

 各各下に並んだ供養人、一方は七人の男、一方は四人の女

弥勒菩薩と普賢菩薩(第25窟)
 青獅子の背に座る文殊菩薩、六牙の白象の背に座る普賢菩薩
楡林第25窟 普賢菩薩と南方天王

薬王像など九体の塑像(第12窟)
 仏床上に並ぶ薬王を中心とした道教の塑像
 壁画は仏教画のままで塑像だけ道教に変えて使われたようだ

莫高窟よりは小ぶりな石窟でしたが見るべきものはすべてそろっていたような気がしました
特に第17窟の仏塑像と第25窟、第16窟の壁画が素晴らしかった
(現地説明)
  説明員 CHENさん
(参考図書)
  楡林窟芸術(江蘇鳳凰美術出版社)


         中国 甘粛省 瓜州県    (2019年11月25日) 


赤道の国へ(インドネシア)バリ島ゴア・ガジャ遺跡2013/06/01 10:55

バリ島ウブドの街の東方にあるゴア・ガジャ遺跡
ヒンドゥー教僧院の遺跡で石窟がある

         まず常夏の森林のなかで目にとまったのが沐浴場だ
ゴアガジャ遺跡 

沐浴場
        三体の女神が神水を注ぐ沐浴池は左右対象に配置されている
        その中心に通路があり奥に台座が残るが像は失われている
ゴアガジャ 沐浴場

石窟の入口
         沐浴池を右に見て進むと石窟の入口が黒い口をあけている
         守門神が守る闇の門は子供に飢えた魔女がおどろしい
         眼をして牙をむいて口を開け食おうとしているようだ
ゴアガジャ 石窟入口
           (バリの魔女ランダだと言う)

         洞穴を進むと洞の真ん中に突きあたる
洞の左側
         左側奥の壁の龕には
ゴアガジャ 石窟左側
 

         ガネーシャが祀られている
ゴアガジャ ガネーシャ像


洞の右側
         そして右側奥の壁の龕には
ゴアガジャ石窟 堂内右側
         
         

         ヒンドゥーの三大神ブラフマ・シヴァ・ヴィシュヌを
         あらわすリンガが横一列に並んで祀られている
ゴアガジャ 石窟 右側大三神

         ヨニの上にリンガ三体が並んでいるのを見たのは初めてだ

壁の龕
         そのほか壁の両側に龕が15穴掘られている
         修行僧が瞑想したものなのであろう
ゴアガジャ 石窟 修行龕

     

     インドネシア バリ島 ウブド ゴア・ガジャ遺跡  (2013年5月13日)

エレファンタ島のドヴァラパーラ2012/12/14 22:34

エレファンタ島石窟のドヴァラパーラ
エレファンタ島のドヴァラパーラ

リンガーを祀る祠堂の四方で聖域を守る門番ドヴァラパーラ
クメール遺跡の像よりは立体的で表情が観音様のように穏やかである

    インド共和国  エレファンタ島  (2011年11月)

中国の挑発は元寇のような恐れを思わせる
韓国も北朝鮮も挑発を止めない
現状で国の安全と威信を確保できるのか
彼らの挑発は日本は現状ではだめだと挑発しているのに等しい

                   (2012年12月14日)

三面半身像2012/09/29 23:27


         北側の中央の祠に護衛神ドヴァラパータに守られた
         三面半身像がある
三面半身像
エレファンタ島マヘシャムルティ
         人気の像の前は観光客で混雑する

左側 破壊神のシヴァ
中央 創造神のブラフマー
右側 維持神のヴィシュヌ
インドエレファンタ島マヘシャムルティ

         この像はインド彫刻の傑作と言われている
         想像する能力もなくまた破壊する勇気もない
         自分は宇宙を輪廻転生する漂流者なのだ


   インド エレファンタ島          (2011年11月20日)

シヴァ神とパルヴァティの結婚2012/09/21 06:07


エレファンタ島シヴァとパルヴァティ

東のヴェランダから石段を登り石窟寺院に入ると
正面にリンガを祀る祠堂がある
祠堂の前を右に折れ北側の石壁に
シヴァ神とパルヴァティの結婚のシーンが彫られている
パルヴァティがシヴァ神の右側に立つということは
結婚式前の二人を現わしているのだそうである
二人の表情・ポーズが優しさを壁面全体に醸し出し
見る人の心を穏やかに洗い清めている

     インド エレファンタ島   (2011年11月)

両性をもつ神アルダナリスヴァラ2012/09/17 23:19


男女合体像の神
(男性と女性の両性を持つ神、アルダナリスヴァラ)

ここはエレファンタ島の石窟です
この像は牛のナンディに寄りかかっているシヴァ神です
手に持った鏡、豊かな胸と丸い腰などから一見女性像だと思うけれど
よくみると左側は豊かな胸も腰の丸身もなく男性像なのです。
実はこの神様は男性と女性の合体像なんです
万物の根源はひとつという観念を表現したものだそうです

  インド エレファンタ島         (2011年11月20日)

大足宝頂山石窟2012/09/04 01:53

大足宝頂山石窟

円覚洞
円覚洞 

                        (毗盧舎那仏)

円覚洞菩薩像

                         (円覚菩薩像)

護法神龕

護法神


六道輪回図

六道輪回図

                      (生死輪回・十二因縁)

華厳三聖龕

華厳三聖龕

                         (華厳三聖)

舎利宝塔

舎利宝塔


千手観音龕

千手千眼観音

                                 (工事中)

釈迦仏涅槃図

涅槃


九龍浴太子

九龍浴太子


孔雀明王経変図

孔雀明王経変図


父母恩重経変相

父母恩重経

                       (上層七仏半身像)

父母恩重経乳哺養育恩

                         (乳哺養育恩)

雷音図

雷音図

                                                            (雷公電母神像)

大方便佛報恩経変相

割肉供母造像

                       (割肉供父母造像)

観無量寿沸経変相

観経変図


地獄変相

地獄変相

                        (地蔵菩薩像)

地獄変相

                       (養鶏女・鉄輪地獄)

柳本尊行化図

柳本尊行化図

                       (主像柳本尊像)

十大明王

大穢跡金剛

                         (大穢跡金剛)

牧牛図

牧牛図

 

            中国 重慶市 大足   (2012714日)



新疆ウイグル(17) キジル石窟2012/05/03 09:42

亀茲石窟のなかで中心的な石窟がキジル石窟です。キジルとはウイグル語のクズル赤いという言葉に由来する。確認されている石窟の数は235窟とも言われるが実際はもっと多かったと考えられている。

 

(キジル石窟)一番大きな窟は第47窟の大仏窟です。

 

クチャ キジル石窟

 <今までこのようなキジル石窟の写真は現地に行くまで見たことがなかった>

 

38窟は
中心柱窟で主室は天井に天相図・海中図、菱形枠に描かれた本生図、側壁に
28体の演奏演舞している男女伎楽天(この窟が音楽洞と呼ばれる由縁)、前壁(入口上部)に交脚の弥勒説法図が描かれている。後室の正壁には弟子や供養者に囲まれた釈迦の涅槃像の壁画がある。

 

34窟は
中心柱窟で主室の天井に天相図が描かれている。後室は涅槃台が残り仏舎利や経典をしまった穴が残る。

 

32窟は
中心柱窟で指のような形でかたどった菱形格子に描かれた因縁図などが残る。手の指の形は須弥山を現わしたものである。

 

8窟は
中心窟で主室は天井に天相図(蛇を口に加えたガルダ、鉄腕アトムの髪形をした風神)、入り口右上に五絃琵琶を奏でる伎楽天、
4人×4か所=16人の剣を持った供養者(亀茲王侯貴族)の像が並んでいる(この窟が十六帯剣者窟と呼ばれる由縁)。後室は涅槃台のみ残っているが、ここには舎利争奪の壁画があったようだ。

 

10窟は
方形窟の僧坊窟である。キジル石窟の発掘に貢献した黒龍江省朝鮮族の韓楽然先生の写真、資料などが展示されている。

 

27窟は
中心柱窟で多龕窟と呼ばれる。主室の天井は碁盤の目の格子天井、前壁に弥勒説法図、正面には天蓋の絵が残り釈迦像が安置されていた。また壁に
60もの小仏龕が残っている。後室には鮮明ではないが火葬図、舎利争奪などが描かれている。

 

このキジル石窟で印象に残ったのは

①第38窟の天相図と海中の図(白鳥が舞う太陽神と月神は特に印象的だ)及び伎楽天

②第8窟の十六帯剣者と5絃琵琶を鳴らし舞う飛天

③菱形格子に描かれた本生図や因縁図

④弥勒説法図

少々残念であったのはここで亀茲人をイメージできる壁画が少なかったことである。敦煌莫高窟に描かれた回鶻王供養図のようなものが見られれば亀茲人のイメージが掴めたと思われる。

 

今回行ったクズルガハ石窟も、キジル石窟も見た石窟は亀茲国時代のものであった。亀茲国は西暦645年唐により滅ぼされ姿を消した。その後石窟の形は唐風色(例えばアエ石窟のような)へと変化していくのである。

 

            中国 新疆ウイグル (201110月)