九州北部の旅⑤銅鏡に思う2018/04/11 15:10

多数の銅鏡が発掘された須玖岡本王墓と平原1号墓から銅鏡について考えてみた                


須玖岡本王墓     銅鏡30面

        この大石の下の甕棺より出土
須玖岡本遺跡王墓
                                                                    (奴国の丘歴史公園)

         前漢鏡 草葉文鏡 3面
         
須玖岡本遺跡草葉文鏡(複製)
                                                      (複製された草葉文鏡)
                   (春日市奴国の丘歴史資料館)

        前漢鏡 青雲文鏡 五面

        前漢鏡 連弧文照明鏡 四面

        前漢鏡 連弧文清白鏡 八面

        など

         連弧文銘帯鏡
須玖岡本遺跡 連弧文銘帯鏡
                                                        (春日市奴国の丘歴史資料館)

             


平原遺跡王墓    銅鏡40面      

                         平原一号墳
伊都国平原遺跡1号墳
                           

         
         副葬品の出土状況
伊都国 平原遺跡一号墳


         銅鏡は予め破砕して埋葬したようだ
平原遺跡 銅鏡
                        (復元された銅鏡)
         内行花文鏡
         方格規矩四神鏡
         四螭鏡(前漢鏡)
        
              など

         直径46.5センチの巨大な内行花文鏡 5面(国産鏡)
平原遺跡 内行花文鏡


三雲南小路王墓1号棺   35面
  〃    2号棺   22面
井原鑓満王墓       21面

銅鏡について

①銅鏡は漢から弥生中期ごろ伝わった

○「前漢書」地理志に楽浪海中有倭人、分為百余国、以歳時来献見云とあり弥生中期ごろに    は集落のなかで漢に朝見するものが出てきた
○弥生中期の須玖岡本遺跡の王墓から出土した銅鏡は殆どが前漢鏡である

どうだ、我らの集落は漢の皇帝の鏡を手に入れた この鏡で祭祀を執り行え集落の平和と繁栄は間違えない どうだ君たちの集落より偉いだろう

②倭国の形成と銅鏡の国産化

○弥生後期には大集落が出現して集落の序列が生じて序列を維持する手段として銅鏡の利用が広まった
○首長の私的な宝器や権威付け、集落同士の外交の手段として銅鏡の利用が進み、渡来では間に合わず国内でも銅鏡が鋳造されるようになった
○須玖岡本遺跡群からは多数の青銅器鋳造の鋳型が発見されている 奴国は青銅器の工業地帯として各地域から銅鏡の注文に応え勢力を蓄えた やがて「後漢書」倭伝に記すように建武中元2年(西暦57年)後漢に奉貢朝賀して光武帝から印綬を賜うまでの国になった

私はこの地方の盟主たる力がある お前は私に使えないか 貴国との連合の印としてこの銅鏡を渡す この鏡を印として君の国内を治めて欲しい

○倭王卑弥呼に景初二年(西暦238年)魏王明帝から銅鏡百枚を賜ったことが記されている卑弥呼が賜った銅鏡は盟邦の首長に下賜して倭国同盟の結束を図っただろうか
                            白絹五十
             匹金八両五尺刀二口銅鏡百枚真珠鉛丹各五
             十斤皆装封付難升米牛利還至録受悉可以示
             汝国中人使知国家哀汝故鄭重賜汝好物也 
                                「魏志」倭人伝

③銅鏡は粉砕され王の墓に埋葬された分けは

○伊都国の平原王墓から出土した銅鏡は直径46.5センチの巨大な銅鏡も含め国産のものであり、倭国を形成する統治文化が整った証ではなかろうか
○魏志倭人伝曰   「陸行五百里到伊都国官曰爾支副曰泄謨觚柄
           渠觚有千余戸世有王皆統属女王国郡使往来
           常所駐東南到奴国百里官曰兕馬觚副曰卑奴
           母離有二萬余戸・・・・・・・・・・・・」
伊都国は世帯千戸ではあるが魏の郡使が常駐する大陸とを結ぶ政治的なハブ国家であり(倭人伝の国の在りかを示す表現も伊都国を境に変えている)、また奴国は二万戸に及ぶ産業国家であったのだろうか
○40面の銅鏡が発掘されたが、王はこんなに多量の銅鏡を所持していたのだろうか?ちょっと多すぎないだろうか?
○大王没したことで今までの同盟関係を清算する意味合いから、盟主達は没した大王が下賜された銅鏡を粉砕して埋葬したのではないかと想像が羽ばたいた
○次の大王は新たに盟主達と同盟関係を築く必要があり、新王は多数の銅鏡を手に入れて盟主達との授受が不服なく成立することで新たな同盟関係が構築されたのかもね

これで多数の銅鏡埋葬と粉砕の理由の疑問が解けないだろうか??

④卑弥呼の死の場合からは

○魏志倭人伝曰   「・・・・・・・・・・・卑彌呼以死大作徑
           百余步殉葬者奴婢百余人更立男王国中不服
           更相誅殺当時殺千余人復立卑弥呼宗女壱與
           年十三為王国中遂定・・・・・・・・・・」

○伊都国の平原王墓は卑弥呼の時代とほぼ同時代であると考えられている 平原1号墳は副葬品の構成からして女性の墓ではないかと恰も=卑弥呼の墓と考える気配を感じた 
○魏志の記しによれば卑弥呼没後男の大王を立てたが皆が不服で殺し合って倭国の同盟関係は成立しなかったとある 平原1号墳が卑弥呼の塚だとすれば破砕した銅鏡は同盟関係を清算を象徴する儀式であったのかも知れない


(注)この稿は旅をして考えた個人的な想像の世界を述べたものです 

        福岡県 奴国の丘歴史公園
            伊都国歴史博物館      (2018年2月)      


九州北部の旅④甕棺に思う2018/03/19 22:57


甕棺というものを実際目の前で見たのは初めてだ
素焼の甕で大きい物は高さ1メートル20センチ、口の直径は70センチ程度で、高さ50センチほどの所に補強のためかつなぎ目であるのか二重の縁がまわっている
小さい物では高さ40センチ程度、口の直径は40センチ程度のものがある
この時代大人も子供も甕棺に入れられ埋葬されたのだ
吉野ヶ里遺跡 甕棺
                      (吉野ヶ里遺跡にて)
棺に甕が使われたのかその理由は想像しがたいが人の死者に対する暖かさを感じる
甕棺は少し傾けて土中に埋められ埋葬者の視線は真上ではなく斜めとなる
吉野ヶ里遺跡 甕棺墓

通常は棺の上下は甕と甕の組み合わせであるが、甕と壷の組み合わせも出土した
須玖岡本遺跡
                     (奴国の丘歴史資料館)
甕棺の強度の問題であるのか深くは埋められないようだ
吉野ヶ里遺跡 甕棺墓列
                   (吉野ヶ里遺跡 甕棺墓列)

埋葬者はまるで子宮のなかで浮かぶ胎児のように見えた
甕棺は魂を鎮める揺り籠のようであり、あの世へ戻るカプセルのようでもある
甕が選ばれたのは母体回帰の意味合いがあったのではないかと想像した
吉野ヶ里遺跡 墳丘墓
                  (吉野ヶ里遺跡 北墳丘墓)
位の高い者は副葬品として剣や鏡、管玉などが入れられた

戦いの痕跡を残す人骨
吉野ヶ里遺跡の甕棺墓は約2900基発見され、そのうち300基から人骨が検出された
首のないものや 矢じりが刺さっていたり 刀傷のある骨も発見されている
吉野ヶ里遺跡 首のない人骨
                  (吉野ヶ里遺跡 首のない人骨)

当時の葬式はどのようなものであったのか?

奴国の丘歴史公園にある竪穴遺構は埋葬に関係した建物跡の可能性ありとある
須玖岡本遺跡 竪穴遺構
                  (奴国の丘歴史公園 竪穴遺構)

魏志倭人伝に葬儀の様子が記されている

                其死有
棺無槨封土作家始死停喪十余日当時不食肉
喪主哭泣他人就歌舞飲酒巳葬挙家詣水中澡
浴以如練沐
             「魏志」倭人伝

棺はあるが槨はないとある
 棺は甕棺や木棺であったろう そして外棺はなく直接土に埋められたということか
誰が葬式を取り仕切ったのか
 卑弥呼のような鬼道に仕える霊媒師のようなものが行ったものなのか
他人は歌舞飲酒とあるが
 今の葬式でも清めといって酒宴を催すのと同じだね

甕棺は日常使用していた甕を使ったものではなく、そのつど誂えたもののようだ
その点甕棺は死者を敬う人の気持ちをかたちとした包みと思えないこともない
また丸い甕の内壁は死者へ永遠の宇宙を提供したものになったのかもしれない

         佐賀県 吉野ヶ里遺跡    (2018年2月)

九州北部の旅③邪馬台国を想像する2018/03/06 16:51

○邪馬台国の王は

倭在韓東南大海中依山島為居凡百余
国自武帝滅朝鮮使駅通於漢者三十許
国国皆称王世世伝統其大倭王居邪馬
台国
         「後漢書」倭伝

邪馬台国に居た大倭王の勢力は自国のムラ長をまとめるだけだったのか
吉野ヶ里遺跡 北内郭

○大倭王の座の争奪戦は
           桓霊間倭国
大乱更相攻伐歴年無主有一女子名曰
卑彌呼年長不嫁事鬼神道能以妖惑衆
於是共立為王
         「後漢書」倭伝

其国本亦以男子為王住七八十年倭国乱相攻
伐歴年乃共立一女子為王名曰卑彌呼事鬼道
能惑衆           
            「魏志」倭人伝

倭国は争いが治まらず一女子(卑彌呼を)共に立てて王としたとあるが争いは一国内の争いではなく九州北部の諸王間の大倭王の座の争奪戦であったと言えないだろうか
吉野ヶ里遺跡 北内郭

○邪馬台国の景観

          居処宮室楼観
城柵皆持兵守衛法俗厳峻
         「後漢書」倭伝


      居処宮室楼観城柵厳設常有人
持兵守衛
            「魏志」倭人伝

大倭王卑弥呼が住む邪馬台国とははどんな景観であったのか

城柵と濠で集落を取り囲みさらに内郭で囲み厳重な大倭王の警備
吉野ヶ里遺跡 城柵

楼観 兵士が常時警備にあたった物見のやぐらか
吉野ヶ里遺跡 楼観

大型建物 諸王を威嚇することもできたろう壮大な建物
これだけ大きな建物が建つのに王は竪穴住居なのか・・・
吉野ヶ里遺跡 大型建物

大規模な墳丘墓や甕棺墓はこの集落の人口の多さを示すものだろう
吉野ヶ里遺跡 墳丘墓甕棺墓

吉野ヶ里遺跡を邪馬台国にイメージして見ました この遺跡は大倭王が居住した都であると想像してもおかしくはないと思いました  倭国大乱と後漢書に記すということは単に一国の騒乱を言うのではなく倭国の大倭王の座を九州北部の諸王が争奪し合ったものでこの諸国連合を邪馬台国と言ったものではないかとも感じました

       

          佐賀県 吉野ヶ里遺跡   (2018年2月)


九州北部の旅②水稲耕作の遺跡を見る2018/03/03 11:21

      土宜禾稲麻紵蠶桑知織
績為縑布
                「後漢書」倭伝

弥生文化は九州北部で成立したという
弥生時代前期の板付遺跡を見た

集落(ムラ)を中心に水路をめぐらして水田を開いた
集落には住居や稲穂の貯蔵施設があり濠で取り囲んでいた
板付遺跡全景

住居は松菊里型という竪穴式住居 韓国にこれと同じ造りものがあると云う
土器は弥生時代初期の板付式土器
板付遺跡 竪穴住居

木製農具 農具は稲作技術と同時に伝わったようだ
ということは、先に水稲をやっていた人々が移り住んで開拓したということかも
板付遺跡 木製農具

後漢書に記すようにここでも蚕桑の知識があったというのか
板付遺跡 蚕

この後(弥生中期)に福岡平野には奴国が成立していく
            福岡県 福岡市   (2018年2月)

九州北部の旅①漢委奴国王金印を見る2018/03/01 14:52

福岡市博物館で展示された国宝の金印を見る

     建武中元二年倭奴国奉貢
朝賀使人自称大夫倭国之極南界也光
武賜以印受
                「後漢書」倭伝
大きさは漢の一寸角
金の純度は後漢までの金製品とほぼ同じ(純度95%)
漢委奴国王金印

倭は亻がない委であるが
漢委奴国王金印

鈕(つまみ)は蛇を形どったもの
蛇は南方諸民族へ下賜のもの 北方民族へは駱駝や羊だそうだ
漢委奴国王金印

古希を迎えてようやく歴史の教科書にでていたものを見ることができました
建武中元2年(西暦57年)九州北部に後漢に直属する奴というクニあり


          福岡県 福岡市博物館  (2018年2月)