てくてく小国町温身平ハイキング2018/07/28 22:44

静養と気分転換のため山形県小国町の飯豊梅花皮荘で連泊、温泉とブナの森温身平のハイキングで心身をリフレッシュ!!

飯豊連峰の懐に抱かれた飯豊温泉飯豊梅花皮荘はわが家から国道17号線と290号線を走り約300キロ先にあります
この宿に宿泊するのは10年ぶりです
あまりにも素晴らしい飯豊連峰の景色が印象に残りまた宿の温泉風呂もとても良かったので
再来することに決めました
小国町飯豊梅花皮荘


飯豊連峰から発する玉川の断崖に建つ梅花皮荘は渓流釣りの客も定宿としているようです
清潔な館内と東北の心和む従業員さんの応対、気を使わないで過ごせる至福の時間と空間が手に入る、飯豊連峰を眺めながらのゆるり温泉入浴など私にとって十分に満足できる宿です
1日目はゆっくり湯に浸かってドライブの疲れを癒しました
小国町飯豊梅花皮荘

さて2日目飯豊連峰の登山するパワーが不足する老人二人はブナの森温身平を散策することにしました
宿から奥に入ること10分程度で飯豊山荘がありその先にパーキングが3か所続いてがある
車を下りると登山計画の受付小屋があり沢の向うに温身平の入口があり温身平の背骨のメインロードが伸びている(写真の黄色で示す歩道)
小国町温身平

温身平の背骨メインロード
小国町温身平メインロード

メインロードを進むと渓流沿いに分かれる道筋がある
この道筋はけもの歩道と名付けられている
まず左に折れてけもの歩道を行く
小国町温身平けもの歩道

カモシカ沢、清流展望台と係留を見ながら朽ち葉が積った歩道を進んで行くとミズナラが聳える観音平に着く、ミズナラの幹に掌を当てると冷たい、水の流れを感じるようだ
歩道のポイントには木造りのベンチを設置した休憩所が設置されている
小国町温身平 観音平

次に奥に進みマタギ屋敷を過ぎると温身の池がある、この池はモリアオガエルの繁殖地であるという カエルの鳴き声はしない 聞こえるのは蝉の鳴き声が響くばかりだ
小国町温身平ぬくみの池

温身の池を越すとけもの歩道はメインロードに合流し飯豊連峰の展望に出る ここから真っ直ぐ渓流を渡るとダイグラ尾根への登山道となる
小国町温身平飯豊連峰展望

ここからメインロードはやや坂道となり石転び沢への登山道へと伸びている
沢つたいにを登っていくとブナの巨木が立ちその根元に湧水がある、ブナしずくと云う、ここで飯豊の頂きを目指す登山者たちは水を補給して行くのだろうか
温身平ブナのしずく

メインロードの終着点、石転び沢への登山道へと続く
石転び沢まで行ってみたいが希望を断念ここでUターン
温身平 石転び沢へ

ブナしずく、飯豊連峰展望と戻りメインロードを入口に向って下るとヤチダモの巨木がある
温身平 ヤチダモの巨木

やがてけもの歩道との分岐を通過し入口に辿り着いた
約3時間の温身平のハイキングは終了した

3日目天気はあい変らず良かった
帰りに樽口峠に立ち寄り飯豊連峰の雄姿を堪能した
梅花皮荘からの眺望では確認できなかった烏帽子、梅花皮、北股などの頂きをこの目で確認できた
溝口峠飯豊連峰の眺望

もと来た道300キロをひたすら運転して無事に自宅に帰還、満足の旅でした


         山形県 小国村  (2018年7月18日~20日)

てくてく池の平湿原三方ケ峰ハイキング2017/11/01 10:50

10月14日 町で企画した湯の丸山登山に参加したが残念ながら朝から雨で
出発が危ぶまれたけれども一応現地に行こうということで湯の丸地蔵峠に
向けて出発
現地も残念ながら雨ということで湯の丸登山は断念、メンバーの発案で近くの
東御市になる池の平湿原を見て帰ろうということになりました

地蔵峠から池の平駐車場へ
駐車場(現在地)はすでに標高2000メートルを超えていました
toumi-ikenotaira

駐車場をゆるやかな坂道を下ると池の平湿原が開けます
東御 壱岐の平湿原

霧雨と霧で霞んだ草紅葉の湿原に鏡池が浮かぶ
東御 池の平湿原 鏡池


湿原の花としては アキノキリンソウ ノハナジョウブ アヤメ ウメバチソウ マツムシソウ などの群生が見られるそうです

三方ケ峰へ向けて木道をグループは一列になって登るじゃあなくて進む
東御 池の平湿原

三方ケ峰標高2040メートル
10分ほどで到着 霧で確認できないがコマクサ園があるそうだ
東御 池の平湿原

山頂の草むらでマツムシソウの花が残っていました
東御 池の平湿原

三方ケ峰から湿原まで戻り忠治の隠れ岩広場でお弁当タイム
おにぎりを2個食べました
東御 池の平湿原

早々と帰路に就く
地蔵峠には分水嶺が走り八十番の観音像と四体の地蔵菩薩が祀られている

分水嶺を示す掲示
湯の丸地蔵峠分水嶺

江戸時代末期につくられた百体観音像のうちの八十番の十一面観音と四体の地蔵菩薩
地蔵峠 八十観音と地蔵菩薩

       長野県 東御市 池の平湿原  (2017年10月14日)

てくてく桐生市吾妻山ハイキング2017/09/25 15:32

桐生市にある吾妻山(標高481メートル)に登りました

吾妻山ハイキングコース案内図
桐生市吾妻山

6時50分 吾妻公園駐車場 出発
      谷合に造られた吾妻公園をぬけて登山口へ

7時15分 吾妻山登山口
      石がごろごろしている
桐生市吾妻山登山口
 


      第一男坂第一女坂分岐下 急登第一男坂を登る
桐生市吾妻山第一男坂女坂


7時30分 トンビ岩
      急登を登りヤッ急に開けた景色が美しい
桐生市吾妻山トンビ岩


7時52分 第二男坂女坂下 二番目の男女分岐
      ここは右側の緩やかな女坂を選択
桐生市吾妻山第二男坂女坂

8時12分 吾妻山頂上到着
      左右に新鮮な榊を供えた石の祠
      そのほか時計、寒暖計など備えつけてある
      三角点は自然破壊が進んでいるようだ
桐生市吾妻山頂上

      遠く山並みの上に富士山の頂上が薄らと顔を出している
      桐生市街を見下ろすと火事の現場に遭遇した
桐生市吾妻山山頂

8時52分 吾妻山下山開始
      第二女坂
9時28分 トンビ岩
      第一女坂
9時35分 吾妻山登山口
      吾妻公園まで下る
桐生市吾妻山公園

10時10分 吾妻公園駐車場 到着(ハイキング終了)

その後徒歩で桐生が丘動物園へ 久しぶり動物園を楽しむ
      本格的な動物園で多くの動物たちを観察することができました

      チャコとライラのライオン夫婦に7月19日3頭の子供が生まれた
      チャコ(オス)
桐生が丘動物園オスライオンチャコ
      ライラ(メス)と子供たち
桐生が丘動物園ライラと子供たち

      不思議ななかよし(雄鶏と山羊)
        真昼なのに大きな声で鳴く鶏・・・
        それに応えるような山羊のしぐさもオモシロイ・・・
桐生が丘動物園雄鶏と山羊

群馬に住んでいても桐生太田館林方面の東群馬の山は登ったことがないので
群馬百名山の中から桐生市の吾妻山を選んだ
朝の散歩をするように登る人々の姿が見えて市民に親しまれる身近な山だと感じた
時計や寒暖計の設置は日常の健康登山のため利用するためと考えられます
頂上で坐り込んでおむすびを食べて休憩しているのは私たちだけで
市民の方々は登ってきて下界を一瞥し祠を拝んですぐ下って行きました


     群馬県 桐生市 吾妻山と桐生が丘動物園(2017年9月20日)

てくてく谷川岳山麓清水越古道ハイキング2017/09/02 20:40

谷川登山に50年ぶり挑戦とはならずして麓の清水越古道の一部を歩いてきました
8月25日金曜日は午前9時から雨というFBな予報なので湯檜曽川に沿った区間は
雨の降りだす前にクリアー出来るように計画しました

5時50分 土合橋 清水越古道(新道)入口 出発
         車は進入できません
清水越街道新道入口

     歩きはじめてすぐに西黒沢を飛び石を踏んで徒渉
         西黒沢に架かる橋は瓦礫に埋まっていました これでは車は入れません
西黒沢を渡る

      

      マチガ沢出合(新道)の手前は・・・
        一ノ倉沢出合(新道)へ着くまでは街道から谷川の山容が望めました
マチガ沢出合(新道)の手前

        マチガ沢が近ずくと駐車スペースや休憩小屋があります
マチガ沢出合(新道)手前
         小屋を過ぎると道は登りとなります

6時25分 マチガ沢出合(新道)到着
         この沢には板を渡した橋がありました
マチガ沢出合(新道)

6時52分 一ノ倉沢出合(新道)まで進む
        この沢に橋がありません 雨が降ったら徒渉は危険すぎます
一ノ倉沢出合(新道)

7時05分 一ノ倉沢分岐(新道)
        小さなケルンがありました そろそろ天気が怪しくなってきた
        雨が降り出すまでになんとか新道の沢越えを終わらせないと
一ノ沢分岐(新道)

7時12分 幽ノ沢出合(新道)
         ここも橋無し 浮き石を踏んで足は流れにバシャ 靴の中は水浸し
幽ノ沢出合(新道)

7時35分 JR巡視小屋 到着 (途中から雨が降り出した)
        ここから先は蓬峠方面(新道)へ続きます
        私はここで標識で示されない旧道方面をめざして左に折れて
        急登の道を旧道へ登ります
JR巡視小屋(新道)
         またこの奥の左手に虹芝寮という小屋がありました
虹芝寮(新道)
         

        雨足が強くなったのでjR巡視小屋でカッパを着る

8時06分 国道分岐 JR巡視小屋から急登を登りきる
        ここからは清水越街道(旧道)を下って行きます
国道分岐
 
         幽ノ沢の手前にある水場「ブナのしずく」です
ブナのしずく(旧道)

8時34分 幽ノ沢出合(旧道) 雨は強くなるばかり
幽ノ沢出合(旧道)

        旧道には明治18年清水越国道開通当時の石垣が残る
明治18年開通当時の石垣

9時00分 一ノ倉沢出合(旧道)
         ここが今日のハイキングの一番の目標地点
         幽玄な世界に暫し雨の中立ち尽くす
一ノ倉沢分岐(旧道)

9時40分 マチガ沢出合(旧道)
マチガ沢出合(旧道)

     谷川岳登山指導センター 休憩30分
     谷川岳山岳資料館    見学25分

11時20分 土合橋 到着 ハイキング終了
        雨で増水した湯檜曽川の流れ
土合橋 湯檜曽川

雨で沢が増水する前に沢を徒渉してなんとか計画どおり無事にハイキングができました
楽しみにしていた谷川の山容は雨雲のため見られませんでしたが歴史に残る清水越え古道を歩き歴史の一編に浸るとのもう一つの楽しみは手にすることが出来ました
また雨の景色は幽玄の世界を演出してくれました
登山家の夢憧れの一ノ倉などの断崖は多くの命を奪い続けています 私の背後では岸壁に散った彼らの霊が漂っているのかもしれません 雨の谷川は霊山と呼ぶのにふさわしい祈りの響きが漂っていました
一ノ倉沢にて
     


歩行距離 約9キロメートル
最高地点 国道分岐 標高900メートル
最低地点 土合橋  標高690メートル
コースタイム 3時間40分 (実績4時間10分)    
※雨天の場合新道区間は増水による危険大

         群馬 水上 谷川岳     (2017年8月25日)

29ふるさと初夏②湯の丸高原のレンゲツツジ2017/07/01 11:23

6月29日梅雨の晴れ間をついて湯の丸高原のレンゲツツジを見にでかけました
過去にドライブで何度も地蔵峠越えをしたけどレンゲツツジが咲くのを見るのはあっと驚く50年ぶりでした

賀沢温泉を抜け湯の丸高原牧場では満開のレンゲツツジと放牧された牛の群れが見られました

      湯の丸高原牧場の牛たち
      リーダを先頭に一列縦隊で進む
湯の丸高原牧場

      列から遅れた左前足を挫いたジャージー牛(ジャージーちゃん)
      群れから遅れてしまって大丈夫かと心配です
湯の丸高原牧場の牛

      つつじ平をめざして地蔵峠から登山開始
      急登を避けて
      地蔵峠⇒湯の丸高原キャンプ場⇒臼窪湿原⇒中分岐⇒鐘分岐⇒つつじ平
      と らくらくつつじ平に到着
湯の丸高原つつじ平

      曇り空なので花の色がひときわ濃く眼を刺激します
湯の丸高原つつじ平
       

      花の付け方は豪華に八方へ??
湯の丸高原つつじ平
      

      掲示板でベニヒカゲ、ミヤマシロチョウ、ミヤマモンキチョウが案内
      されていたが この蝶が見られた
湯の丸高原つつじ平の蝶
      ベニヒカゲでなくて残念でした
湯の丸高原つつじ平の蝶

      つつじ平からスキー場のゲレンデを歩いて下る
      牧場で休んでいる牛の群れが展望できる
      びっこをひいていたジャージーちゃんは無事群れに追いついたのだろうか
      心配になって 茶色い二頭の牛をめざして真っ直ぐに下る
湯の丸高原牧場


      群れの端で腰を下ろしてくつろぐジャージー牛
      耳に付けた番号札で遅れていたびっこひきのジャージーちゃん
      であることを確認できた
      よかった  仲間外れになってはいなかった(安心)
湯の丸高原牧場のジャージーちゃん

      ぐるっと湯の丸高原をひとまわり
      見事に咲いたレンゲツツジ群を堪能できました
      賀沢温泉に浸かってさっぱりして家へ帰りました


       群馬県 長野県 湯の丸高原      (2017年6月29日)


      しばらくしたら ジャージーちゃんはいやいやトラックに載せられて
      地蔵峠を越えて長野方面に走り去りました
      さらばじゃ ジャージーちゃん 

てくてく大岩仙人窟遊歩道を登る2013/09/09 02:35

中之条町大岩地区の岩場に仙人窟と呼ばれる岩穴があります
秋雨前線による雨天をおして歩いてきました
大岩仙人窟 掲示板

5時35分 国道入口出発
大岩仙人窟 国道入口

      地図を確認しないで十字路を無意識に直進
      これで道を間違えてしまった(道を戻る)

6時10分 再スタート
      林道を登っていくと遊歩道の入口がある   

6時22分 仙人窟遊歩道入口
大岩仙人窟

6時47分 あづまや通過
大岩仙人窟

7時06分 仙人滝分岐
      蝉の抜け殻も雨にぬれている
大岩仙人窟

      分岐より仙人滝方面に下りる

7時15分 仙人滝
      谷の水流は七段の滝となって落ちる
      霧のなか幽玄の世界を作る
大岩仙人窟 仙人滝

7時25分 仙人滝分岐まで戻る
      仙人窟方面へ進む
      沢で番人のカエルが出迎える(牛かえる?)
大岩仙人窟

      
      岩場にかかる鉄の階段を下る
      仙人窟は急峻な岩場にあるのだ
大岩仙人窟

7時42分 仙人窟到達
      かなり大きな洞窟だ
      暗闇の中で蝙蝠がチチと鳴いて闇を舞う
大岩仙人窟

7時50分 仙人窟出発
8時05分 仙人滝分岐通過
      霧の森林を下る(神秘な感じ)
大岩仙人窟

8時20分 あづまや通過
8時40分 遊歩道入口到着
8時55分 国道入口到着

  雨のなか道を間違えるし視界が悪いし衣類が濡れちゃうし散散な山歩きでした
  でも霧の世界も良いもんですね

      群馬県 吾妻郡 大岩地区  (2013年9月4日)


てくてく大桑村阿寺渓谷2013/05/27 22:20

阿寺渓谷
阿寺渓谷は木曽の大桑村にある
大桑道の駅で明るくなるのを待って今回のてくてくの目的地へ
野尻宿がある
阿寺渓谷

6時06分    阿寺渓谷入口駐車場出発
         木曽川に合流する渓谷の出口が荒々しく最もダイナミックな場所だ
阿寺渓谷


6時27分    千畳岩
         渓谷の門のような断崖を過ぎる 見上げると日の光がまぶしい

6時29分    森林鉄道跡
         河原に転がる大石に甌穴が見られる
阿寺渓谷 鉄道跡

6時40分    雨現の滝
         雨が降ると出現するとの滝が見上げると遠くに見える

         今は藤の花が盛んな時期だ
         紫の藤の花は気品があるが
         紫の簾の奥に蔓を絡みつけ絞めつけて相手を弱らせる
         そんな魔性を隠している
阿寺渓谷 藤の花

         ひのきの林が美しい
阿寺渓谷 ひのき林

6時54分    狸ケ淵
         川幅が狭まる上流になると淵が出現する
阿寺渓谷 狸ケ淵

6時59分    亀石
         淵に入ろうとする甲羅に渦巻き模様のある亀
阿寺渓谷 亀石

7時01分    犬帰り淵
         この渓谷で最も素晴らしいビューポイントだ
         水の色に見とれてしまう
阿寺渓谷 犬帰りの淵

7時15分    樽ケ沢の滝
         樽ケ沢が滝となって阿寺川と合流する
         滝は橋の下なので見落とさないように注意

         
7時17分    中間地点駐車場
         広場に駐車場、休憩舎、トイレ、島木赤彦の歌碑などがある

7時25分    遊歩道
         渓流にかかる吊橋を渡って遊歩道へ
阿寺渓谷 遊歩道

7時50分    中八丁吊橋
         遊歩道の終点の吊橋、ここでUターンして中間地点駐車場へ
7時55分    七段の滝
8時10分    中間地点駐車場 出発
8時12分    犬帰り淵
8時14分    亀石
8時19分    狸ケ淵
8時21分    ひのき美林
         明治の時代に植林したひのきの林
8時29分    雨現の滝
8時35分    森林鉄道跡
8時37分    千畳岩
8時53分    阿寺渓谷入口駐車場到着

      早朝すごくリラックスできた3時間でした

      長野県   大桑村  阿寺渓谷  (2013年5月22日)

てくてく乗越浄土2850メートル2012/09/27 20:15

2012年9月26日の千畳敷カールと乗越浄土
        <乗越浄土2850メートルを目指しいざ千畳敷カールヘ>
          <下界は錦秋稲穂が首を垂れる>
ふもとから見た千畳敷カール

10時50分    千畳敷駅出発
          <快晴に恵まれる>
   麓の駒ヶ根と南アルプス連峰
ふもとの駒ヶ根南アルプス

          
11時00分    剣ケ池
          <千畳敷カールは紅葉が始まっていた>
   千畳敷カールの絶景
剣が池から見た宝剣山

          
11時27分    昼食後
          剣ケ池 出発

11時37分    八丁坂分岐点
          <ナナカマドが赤い実をつけていた>
  
  ウラジロナナカマド
八丁坂分岐のウラジロナナカマド

          八丁坂登る
          <息苦しさ軽い頭痛を感じる高山病の初期症状か?>
八丁坂

12時20分    乗越浄土(標高2850メートル) 到着
       <八丁坂で2度ほど休憩してようやく目標地点に辿り着く>
乗越浄土

12時25分    宝剣山荘 到着
          <山荘まで足をのばし休憩、周囲の展望を楽しむ>
   宝剣山荘
宝剣山荘

   宝剣山山頂
宝剣岳

12時40分    宝剣山荘 出発
12時50分    乗越浄土 下山開始
          <八丁坂の岩陰でかすかに咲くイワツメクサを発見>
  イワツメクサ
イワツメクサ(岩爪草)

13時20分    八丁分岐点 到着
 
          <遊歩道を歩くと咲き残る高山植物を発見>
  ミヤマリンドウ
ミヤマリンドウ

  ミヤマアキノキリンソウ
ミヤマアキノキリンソウ

  チングルマ(綿毛)
チングルマ綿毛

  ヤマハハコ
ヤマハハコ
  

13時50分    駒ヶ根神社 千畳敷駅    到着

  9月下旬は花々の盛りが過ぎお花畑もさびしくなりまた紅葉を楽しむのにはま
  だ早いことから訪れる時期としてはベストではない。しかし、混雑がなく待ち
  がないこととそのうえ天候に恵まれ快晴であったことで老人の仲間入りをした
  私にとってはベストのハイキングであったと言えます。

    長野県  駒ヶ根市        (2012年9月26日)

照葉峡 木精(こだま)の滝2012/08/28 10:26


照葉峡 木精の滝
 

残暑厳しいけれど渓流沿いの木陰の国道を辿り11の滝を楽しんだ。
ススキが穂をつけトンボが飛び交いもう秋がそこまで来ている。
ここの紅葉の時期は10月中旬からと聞いている。

    群馬 利根 水上 照葉峡    (2012年8月23日)


てくてく栂池自然園・天狗原2012/08/12 14:41

7時00分  栂池高原駅    出発

7時30分  栂大門駅     乗り換え

8時00分  栂池自然園    入場
      水芭蕉湿原
     (朝露を受けたチングルマ)
 
栂池自然園 チングルマ
      
      ワタスゲ湿原
      浮島湿原
9時15分   ヤセ尾根
       展望台(2010メートル)
9時30分   展望湿原
       モウセン池
11時30分  栂池自然園    退場

12時40分  栂池自然園入口              登山開始

13時56分  天狗原(標高2080メートル)        到 着
天狗原(標高2080メートル)

  (足元で可憐に咲くタテヤマリンドウ)
可憐なタテヤマリンドウ

14時20分 天狗原                 下山開始

15時35分 栂池自然園入口             下山完了

16時20分 自然園駅     出発

17時00分 栂池公園駅    到着 

             長野県 小谷村   (2012年8月9日)