キャロルからの手紙(その2)2015/09/14 22:12

1962年11月7日付けの2通目手紙がキャロルから届いた
1通目の私の返事でキャロルの学校に関して私が質問したようだ
手紙の内容は学校名やキャンパスの構成が書かれ
学校会報やカリキュラムを同封して学校生活の一端を語ったものだった
会報はフィラデルフィア オーケストラのジュニア 生徒 コンサートの紹介だった
ヴィオラを弾くキャロルのことだからヴィオラのパートで参加したのに相違ない
プログラムはドボルザークやヴィバルディ、ベートーベンなどで
13歳なのによく演奏に参加できるなあなんて感心したものだった

キャロルから君はどんなフェスティバルの参加するのか?とか
ハローウィンには出かけるのかとの質問があった
私の返事はどのようであったのか記憶にないが
ブラスバンド部でドラムやチューバを演奏して演奏大会や野球の応援などを話したのではなかろうかと思う
ハローウィンについてはお釈迦様の誕生日にお寺に行って甘茶をもらいに行くのだなんて
返事しなかったであろう

現在キャロルが住んでいた住所や学校名に見えるシナミンソンという地の様子を
様子をグーグルで知ることができる とても便利だ
キャロルともメールやテレビで時を待たず連絡ができたであろう
まるで教室で語りあうクラスメイトであるかのように
1962年11月
あの当時のキャロルから届く手紙は何光年も離れた宇宙から届く電子メールだった

つづく


キャロルからの手紙(その1)2015/09/10 16:19

キャロルから初めて手紙が届いたのは1962年10月22日
僕が中学3年生の秋だった
中学雑誌の文通欄にあったキャロルへ文通を申し込んで返事が返って来たのだった
住所はニュージャージーのリバートン市チェスナッツヒル
当時はインターネットもなくまったく想像すらできない地球の裏側の地の果てから届いたような気持ちを抱いたのではないかと思われる
エアーメールの封筒に25セントのリンカーンの切手が貼ってあった

キャロルは13歳の女の子、半年で14歳だと言う
学校のオーケストラでビオラを担当しているとのこと
写真を同封したのであなたの写真が欲しいと書いてあった
写真のなかで彼女は大きなブルーのマイカーを背にもたれて写っていた
当時ぼくの家のマイカーは荷台の付いた自転車だった

ぼくがどんな返事を書いたかは記憶にない
ビオラに対抗して多分ギターが少し弾けるなどと返事を書き
坊主頭で学生服を着た写真を同封したのではないかと思う
つづく

チベットへ(23)ラサ駅到着2013/02/23 09:43

21時36分列車は13時間30分の運行を終え終着駅ラサのホームへ滑り込んだ
ラサ駅到着ホーム
足元が異様に明るい 白はチベットの代表的な色である
ようやくチベットの都ラサへ来たのだと歩みに力が入った
ラサ駅前
私は駅前の暗がりの広場に一歩踏み出し立ち止った
この闇は未知のチベットを写し込むまえの私のこころの暗室のようであった


         チベットヘ  ラサ    (2010年10月)

チベットへ(22)ニンチェンタングラ峰2013/02/22 16:11

列車はダムシュン(当雄)という駅を通り過ぎた時は
午後7時をまわり薄暗くなりかけた西空にナイフの刃先のような頂きが見えてきた
それは標高7111メートルのニンチェンタングラ峰である
ニンチェンタングラ峰
双眼鏡でその刃先を覗くとそれは鋭敏なナイフの刃先ではなくて
女性の胸のようなまあるい形をしていた
ニンチェンタングラ峰
             ニンチェンタングラ(念青唐古拉)峰

あたりは次第に闇に包まれていった
列車は終着駅ラサまであと2時間半というところまで到着していた


       チベットヘ  青海チベット鉄道  (2010年10月)

チベットへ(21)ナクチュ駅停車2013/02/20 15:10

ゴルムド駅出発してから10時間もずっと走り続けた列車は
午後6時にようやくナクチュ駅に停車して一息ついた
ナクチュ(那曲)駅ホーム
                       ナクチェ駅ホーム
乗客もホームに降りてのびのびして新鮮な外気を深呼吸


      チベットヘ   青海チベット鉄道  (2010年10月)

チベットへ(20)神の湖ツォナ湖2013/02/19 15:54

アムドを過ぎるとやがて美しい大きな湖が出迎える
湖はツォナ湖と呼ばれている
ツォナ湖
                      ツォナ湖に流れ込む川
この湖は淡水湖でチベット族の神聖な湖である
ツォナ湖とツォナ湖駅
                       錯那(ツォナ)駅
色を言葉では表せない湖水の色が目を染める
列車は湖の畔りを20分ほどかけて通過して行った


       チベットヘ  青海チベット鉄道  (2010年10月)

チベットへ(19)タングラ峠からアムドへ2013/02/17 16:33

世界最高所の鉄道駅であるタングラ駅
また青海とチベット自治区との境界でもある標高5072メートルのタングラ峠を
列車はカタ、コト、カタ、コトと繰り返し軽快な音を耳のなかへ響かせ
車窓で景色を飛ばしながら越えて行った
中国の地図では青海省からチベット自治区に入ったことになるが
そこはチベット世界にとってはなんら境を感じさせない
アムドの集落
タングラ峠を越えチベットの山々をぬい下ったところにアムド(安多)の集落がある
ここの標高は4704メートルである
ゴルムドを出発して8時間が経過した
終着駅のラサまではまだ5時間以上必要とする

         チベットヘ  チベット  (2010年10月)

チベットへ(18)通天河駅2013/02/16 09:45

西遊記に登場する通天河の畔で経文を干す場面は
ここから東南に下った玉樹県での話である
通天河駅
         標高4598メートル

       チベットヘ  青海チベット鉄道  (2010年10月)

チベットへ(17)トト河2013/02/15 10:22

標高4500メートルを超える高原を列車は走り続ける
やがて幅を広げ幾筋にも分かれた川を渡って行く
この川は長江の源流で名前はトト河と言う
トト河
長江の源は標高6621メートルのガラタントン(各拉丹冬)の西の麓にあり
流れは集まりトト河となって下り、通天河、金沙江と名前を変えて大河
長江に成長して行く

       チベットへ  青海チベット鉄道  (2010年10月)

チベットへ(16)風火山トンネル2013/02/14 16:10

ヤクやカモシカ、羊、山羊などの群れが見えるココシリ自然保護区
を進むと風火山隧道という長さ約1.3キロのトンネルがある
風火山トンネル
         標高4905メートル世界最高所の永久凍土トンネル
         だそうです


        チベットへ  青海チベット鉄道  (2010年10月)