ハシブトガラと三角岩(平成31年4月22日)2019/05/04 09:13

オロンコ岩から見下ろした三角岩は三角錐の頑強な岩塊に見えるが
ウトロ 三角岩

近づいて見ると岩を積み上げた崩れやすい岩塊である
このため安全のためすっぽりと金網のベールが被されている
ウトロ 三角岩
防波堤の先端まで散歩してから三角岩の麓を歩いて戻って来ると、頭上で鳥が鳴き始め私を追いかけるように鳴き続けた
その鳴き声は私が近づいたため警報を発しているものだろうと感じた
鳴き声の主を探すとそれは金網をつたい私の様子を見ている小鳥であった
シジュウカラかなと思ったがそれよりはやや身体が大きく頭は黒いが全体は白い
シジューカラではないな では、はて何ものか??
ウトロ三角岩のハシブトガラ

なぜ小鳥は金網の外をつたい私の行動を警戒していたのか? と直感的に想像回路がONになった
想像をめぐらすと警戒して鳴くということは近くに子育てをしている巣があるということではないか? 巣は確認できないが多分金網の中の岩陰にあるのだろう
賢くも小鳥はカモメ、カラス、トビなどから雛を守るため金網のベールを利用しいるのだと想像回路を閉じ私はカモメが飛び交うウトロの波止場をすたすたを歩いていった

家に帰ってからWEBで小鳥の姿を探したらどうもあの小鳥はハシブトガラであるらしいことが分かった

          北海道 知床 ウトロ (2019年4月22日)


椿とヒヨドリ(平成31年春)2019/04/11 10:35

庭先の椿は昨年剪定しなかったためか今年の春はたくさん花をつけました
我が庭の制空権を占めている雄のヒヨドリが堂堂と梢にとまりました
椿とヒヨドリ


するとさかさまになって乱暴に花弁をつつきはじめました
花弁がこぼれます
椿とヒヨドリ


嘴の中でピンクの色が見える 花弁が口のなかにあるようです
椿とヒヨドリ


あ・・やっぱり花弁をたべているんだぁーー
椿の花は甘いのかな??
椿とヒヨドリ

しかし、この雄のヒヨドリが我が庭の制空権を握っているためシジュウカラなど小鳥が寄りつけません。このため今年も柿の木の巣箱には小鳥が入れないようです。(シジュウカラのために巣箱を付けてあるので残念でしかたありません。)

         群馬県 吾妻郡   (2019年3月下旬)

ケロちゃん目覚め寸前の災難2019/02/25 11:57

庭の枯れ葉につつまれて島民していたケロちゃん
ガビチョウが集団で飛来してガサガサ枯れ葉を嘴で探って
ついに・・・アァついに
冬眠中のケロちゃんが目覚め直前にガビチョウの餌食になってしまいました
目覚め寸前の災難ケロちゃん無残

         どうだ!!やったぞ
目覚め寸前のケロちゃん野鳥の餌食に



どうせならついでに庭で冬眠中の蛇も探して退治してくれないかな!!



        群馬 吾妻郡   (2019年2月25日)


宮古島のコウノトリ2019/01/22 14:09

コウノトリ
コウノトリ 魚垣 下地島 

宮古島市下地島の浅瀬で見たコウノトリです
餌を待って下を向いたまま長い時間じっと動きませんでした
宮古諸島はコウノトリの越冬の地のようです

            宮古島市  (2018年12月)

宮古島のサシバ2019/01/22 13:46

サシバ像
サシバ 下地島

伊良部島と下地島を結ぶたいこ橋の欄干にたつ凛々しい姿のサシバの像
宮古諸島はサシバの渡りの中継基地になっていて

来間島上空をめぐる鳥影 サシバか
来間島 サシバ?
         サシバのようですが確認はできません
宮古諸島はサシバの渡りの中継基地になっていて
サシバと宮古島民とのかかわり合いは長いものがあるようです
いまは宮古島市の市の鳥に指定され珍重されています

      宮古島市    (2018年12月)

宮古島のカーラバンサー2019/01/20 20:24

カーラバンサー(瓦番鳥)
カーラバンサー(いそひよどり)宮古島

宮古島で名前も知らずパチリしました
帰ってから調べてみるとどうもイソヒヨドリのようです
またここではカーラバンサーともおもしろい呼び名がつけられていた

          宮古島市     (2018年12月)


シジュウカラカップル解消か??姿見せず2018/04/12 15:50

3月26日
         巣箱に入って中の様子を見ていたシジュウカラ
         
巣箱に入ろうとするシジュウカラ
                         (3月26日)
今年も子育てが見られるかと楽しみにしていたが
         四月に入り急に暖かくなって
4月1日未明の月
                         (4月1日未明)
神社のソメイヨシノは
         あっと云う間に満開になったが
英霊殿のさくら
                           (4月6日)
シジュウカラの姿がちっとも見えない
        シジュウカラのお気に入りの監視タワーは
子育て準備シジュウカラ
         
                          (3月26日)

         今では雀やヒヨドリが占領している
雀の夫婦
                           (4月9日)
私は巣箱点検することにした
         残念ながら特に使っている気配はない
シジュウカラの巣箱
                          (4月11日)
慎重にうわ蓋を開けて中を覗き見る
         シジュウカラの姿も生み落とされた卵もない
         昨年子育てした巣ガラが残ったままだ
シジュウカラの巣箱

どうしてシジュウカラは巣箱の利用を中止したのか???

理由を想定した
①雌が巣箱に入って雄が餌を運んでくるのを入口で顔を見せて待っていたが、雄は巣箱の周囲を飛びまわって懸命に餌を探したがなかなか餌を見つけられなかった。巣箱の中で餌を待っていた雌はしびれを切らして巣箱を飛び出してしまった。雌はこんな頼りない雄に愛想をつかせてしまいカップルを解消してしまったのか?(女房が唱える理由)

②巣箱の巣ガラを掃除しないで昨年のままにしておいたが、シジュウカラはこれを子育てには不潔とみたか、または自分達より先に巣作りをした鳥の仲間がいると判断したのか そんなことで巣を使うのをやめたのだろうか?

③今年の春、巣箱を架けた柿の木はヒヨドリの縄張りになったようで、ねんがらヒヨドリが姿を見せていた。シジュウカラはジジジッと何回か威嚇して追っ払おうとしたがヒヨドリは相変らず毎日飛んできて柿の枝先でギイギイと鳴い縄張りを主張していた。このような状況では子育ては危険と感じて巣を使うことをやめたのだろうか?(私が主張する理由)

いずれにしてもシジュウカラの子育てが見える日課を楽しみにしていたので我等老夫婦はガッカリしている。


        群馬県 吾妻郡   (2018年4月12日)

2018 3月の野鳥2018/03/28 16:26

都会では桜が満開との便りが届きますが
我が家の庭はまだ梅が満開の状況です
本日は天気が良いので畑にじゃがいもを植え付けました

本題に戻ります 3月に見かけた野鳥をまとめました

雨宿りをするヒヨドリ
雨宿りをするヒヨドリ
         3月1日 雪でなく雨の一日

何故か口を大きく開けて花壇を歩き回るツグミ
口を開けて歩き廻るツグミ
         3月12日 中之条町の花の駅「みのはら」にて

白い紋が目印ジョウビタキ
松で一休みジョウビタキ
         3月13日 庭の松の幹にて

巣作りをするのか?口にクズヒモをくわえたカワラヒワ
クズ紐を口にくわえたカワラヒワ
         3月19日 庭の柿の枝にて

今年も巣箱で子育てを準備するシジュウカラ
子育て準備シジュウカラ
         3月26日 隣家のアンテナで周囲を警戒
巣箱に入ろうとするシジュウカラ
         3月26日 昨年に続き柿の木の巣箱を利用するようです

シジュウカラはつがいで毎日姿を見せて巣箱を点検しています
それを縁先から見るのが楽しみとなっています
今年は巣箱の清掃をしないで昨年使ったままです
 清掃したら入らない年が続きました
 今年は昨年に続き連続して入りそうです
 清掃しなかったのが良かったのかな??

      群馬県 吾妻郡    (2018年3月28日)

2018早春(2)野鳥の活動2018/02/18 11:08

上州吾妻では立春過ぎとはいえ気温零下5~8度の寒い朝が続きます
零下というだけで寒い寒いと繰り返す都会の気象予報はこちらではちゃんちゃらおかしいと感じます

さて最初はこの寒空に庭の柿の枝に居ついているヒヨドリです
縁側の方を見下ろしてギャーギャーとしきりに餌を頂戴と言っているように聞こえます
野鳥に詳しい隣人の先輩に聞くとヒヨドリはテリトリーを持つということでした
なぜここを住処としたのか?柿の木の下の小梅の枝に巣が残っているがこのヒヨドリはこの巣で生まれたのかもと想像しています
居座っているヒヨドリ

その次は我が奥さんに尋ねると「ムシクイ」だという鳥です
ちょっと不安ですがここではムシクイとしておきます
後日垣根の枯れ草のなかでガサガサと動くものが見えたのでもうカエルが目を覚まして跳ねているのかなと思って目を凝らして見るとこの鳥が複数で枯れ葉をかきまわして餌を探しておりました
柿の枝のムシクイ

その次は柿の木の巣箱の様子を毎日調べにくるシジューカラです
昨年と同様に今年も同じ巣箱で子育てをして吾等の目を楽しませてくれることを期待しています
巣箱の点検に来るシジューカラ

            群馬県吾妻郡   (2018年2月18日)

2018新春ジョウビタキ2018/01/03 17:02

庭先でムラサキシキブの実を啄むあなたは誰??
モズさんそれともヤマガラさん?
モズ?ヤマガラ?
どちらさんにしても大歓迎
おめでとうさん
ジョウビタキのオスだったのですね!
ようやく名前がわかりました・・・サンキュー

         群馬県 吾妻郡 (2018年1月3日)